So-net無料ブログ作成

メジャーリーグ ワイルドカードとは?~ディビジョン・シリーズに向けて [メジャーリーグ ワイルドカードとは]

大谷翔平 エンゼルス 観戦ツアー >>

海外ツアー予約のH.I.S.>>

メジャーリーグではレギュラーシーズンを経て、地区優勝した6チームがリーグ優勝をかけた
ディヴィジョン・シリーズ(地区シリーズ)に出場できるわけだが、
地区優勝を逃したチームでも勝率がリーグ内で1位と2位のチームに対し
ワイルドカードが与えられる。

ワイルドカードとは~勝率の良いチームを公正に扱うため


メジャーリーグは全球団30チームによって争われる熾烈なリーグ制だ。
しょっちゅう飛行機で大陸移動しながらレギュラーシーズン(※1)で162試合もある。
(※1)メジャーリーグ【MLB】について~リーグの仕組み[MLB 用語] >>

6地区に分かれて戦うがシーズンによって勝率の低い地区もあったりするため、
優勝した6チームの勝率が全30球団の上から6番以内ということにはならないためだ。

例えばア・リーグ中地区の優勝チームが勝率0.67でも地区優勝できる時もあり、
逆に同じア・リーグでも東地区が強豪揃いの激戦の末、
勝率が0.72でも地区優勝を逃すこともあったりするわけだ。
この場合もしこの「勝率0.72」が地区優勝を逃した12チーム中、
ア・リーグ内で1位の勝率なら、ワイルドカードの権利が与えられ、同様に勝率2位の
チームとたった1試合で、ディヴィジョン・シリーズへの進出をかけて
戦うこのゲームをワイルドカードゲームと呼ぶ。

TB_2013.jpg
2013年、クリーブランド・インディアンスを下し、
ア・リーグ ワイルドカードゲームを制したタンパベイ・レイズ。
Photo by Getty Images

MLBはやはり強いチーム同士がリーグ優勝とワールドシリーズ
に絡むべきという考え方で、勝率の矛盾を補うために両リーグそれぞれ2チームずつ、
つまり地区優勝を逃した残り12チームの勝率上位2チームにワイルドカード
与えるのだ。
ワイルドカードとは優勝争いを盛り上げるだけでなく、しっかり結果を残したチームに対する
敗者復活戦のような意味合いも含めてるから面白いのである。



2012年、ア・リーグのポストシーズンは劇的だった


近年ではダルビッシュメジャーリーグデビューした2012年、
2ゲーム差で最終戦3試合を残し、
テキサス・レンジャーズの地区優勝は楽勝と思われていた。

ところが2位のアスレチックスと直接対決3連戦でまさかの3タテを喰らい、
アスレチックスが奇跡の大逆転ア・リーグ西地区優勝を飾った。

ア・リーグ全チーム内でもほぼTOPの勝率を誇っていたレンジャーズは
当然「第1ワイルドカード」を引っさげて、オリオールズと対戦。

dar2012_BAL-WC-02.jpg
※2012年10月6日、MLBワイルドカードゲーム。
 オリオールズ戦に先発登板するダルビッシュ Photo by MLB.com

レンジャーズは当然このシーズン、
尻上がりに調子を戻してきたダルビッシュを先発に起用し、
ダルビッシュもそれに答えるようなクオリティ・スタートを切った。

ダルビッシュは6回2/3を投げ、3失点。
7個の三振を奪い、与四球もひとつだけという好投をみせたものの
最後までレンジャーズ打線に火がつかず1点しか奪えず逆に2点奪われ結局1対5で敗戦。
レンジャーズはディヴィジョン・シリーズへ進めなかった。

この年のレンジャーズは3年連続のディヴィジョン・シリーズ進出がかかっており、
悲願のワールドシリーズ初制覇を狙ってたほど盛り上がっていたが、
ワイルドカードゲームという一発勝負に撃沈してしまった
という印象深い記憶に新しいワイルドカードゲームだった。


Sponsored link
プーマオンラインストア




田中将大 登板予定[2014]ヤンキース【MLB】 トップ頁へ移動する→






nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。