So-net無料ブログ作成

田中将大 今季初登板・初勝利~対ブルージェイズ戦 3月30日 [田中将大 成績 2018]

Sponsored link
プーマオンラインストア


2018年MLBシーズン今季初登板となったブルージェイズ戦で先発のヤンキース・田中将大(29歳)は、序盤に苦しんだものの途中修正で立ち直り6回を1失点で抑え、被安打3、8奪三振、無四球で初勝利を飾った。
masahiro.tanaka_2018 (1).jpg

田中の失点は2回にランダール・グリチェクにあびたレフトスタンドへのソロホームランのみ。この日の田中はコーナーへの制球が定まらない上、抜けるボールも少なくなかったことを考えれば、無四球で終えたのは上出来と言える。
masahiro.tanaka_2018 (4).jpg

試合後、田中本人のコメントでは「これほど良くない投球内容はない」と吐き捨てていたほど。
しかし結果がすべてのMLBで、3回以降我慢の投球を続け試合を作れたのは、さすがマー君の経験が勝っていたからに他ならない。
masahiro.tanaka_2018 (7).jpg

この日の田中は、精彩を欠いていたスプリットに早々と見切りをつけ、第三の決め球スライダーに活路を見出した。それもそのはず、ブルージェイズ打線15人に対し、65球中37球がスライダーだったわけだ。
masahiro.tanaka_2018 (5).jpg

今季からヤンキースの指揮を執るアーロン・ブーン監督(45歳 ※1)も「今日は、ボール全体が最高とは言えなかったが、クレバーな試合づくりに球数も少なく、6回を投げきった。田中は質の高い円熟したベテラン投手だ」
Aaron Boone_2018.jpg

試合はヤンキースの若手選手、ブランドン・ドルーリー(25歳)とタイラー・ウェイド(23歳)の8、9番下位打線コンビが活躍し、4対2でヤンキースが勝利。
Brandon Drury_2018.jpg

Tyler Wade_2018.jpg

MLBは、まだまだ開幕したばかり。これからますますの田中将大の活躍を期待する。

がんばれ、マー君。


※1 アーロン・ブーン監督

祖父はレイ・ブーン、父はボブ・ブーン、兄はブレット・ブーン、みんな元メジャーリーグ選手というMLB家族の中で育ったサラブレッド。





nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます